1. Loupedeckユーザーサポート
  2. ネイティブ対応のソフトウェア

アプリケーションの追加

アプリケーションをLoupedeckに追加することで、そのアプリケーションがアクティブになった時にLoupedeckが認識することができます(ダイナミックモードがONの場合は自動的にワークスペースが変更されます)。

Loupedeckは、特別に開発されたプラグインによって数多くのアプリケーションに深いレベルで対応してします。

サポートされていないアプリケーションでも、カスタムプロファイルを作成することでLoupedeckソフトウェアに追加することができます。

ソフトウェア5.0以降でのアプリケーションの追加方法

まず、プロファイルのドロップダウンメニューを開き、アプリケーションプロファイルの横の "..." をクリックしてください(上の画像の黄色部分)

次にアプリケーションのポップアップが表示されます(上の画像)。右上にある"+アプリケーション..."の横の"+"アイコンをクリックしてください。

次の画面で新しいアプリケーション追加することができます。アプリケーションをドロップダウンメニューから選択するか、フォルダから参照して、名前と説明を入力してください。

新規作成したプロファイルにカスタムアクションを割り当てることができます。

 

 

ソフトウェア4.3.3以前でのアプリケーションの追加方法

  • Loupedeckソフトウェアのドロップダウンメニューを開いてください
  • ドロップダウンメニューの下にある[アプリケーションを追加...]をクリックしてください(赤枠)

Loupedeckソフトウェア上で新しいウィンドウが開きます。Loupedeckで使用したいアプリケーションを選択してください。

 

 

 

 

  • [アプリケーションを選択する]で使用したいアプリケーションをドロップダウンメニューからんでください。
    注意!Windowsでは、実行しているアプリケーションが最初に表示され、その後に全てのアプリケーションが表示されます。
  • リストされたアプリケーション名が自動的に読み込まれます。必要に応じてアプリケーション名を変更してください(アプリケーションによって、シンプルでふさわしい名前でない場合があります)。
  • アプリケーションをLoupedeckソフトウェアに追加すると、1つのプロファイルが自動的に作成されます(必要に応じて追加できます)。
  • プロファイルにわかりやすい名前をつけてください(例:LINE)
  • 自動的に作成されたプロファイルに説明を追加してください。
    [保存]を押すとアプリケーションリストに追加されます。