ダイヤルを回して変更される調整が正しくない

全てのCaptureOneの調整機能は2つの機能を持っています。調整する前と調整中でどのように機能するかを、[露出]を例にしてみてみましょう。

  1. 露出を含む5番目のツールタブが開きます
  2. 露出量が変更されます

CaptureOneとの対応では、全てがショートカットで処理されます。各調整項目は、それぞれ値の増加と減少に対して独自のショートカットを持っています。

ダイヤル使用時に、違う値が変更される(または何も変更されない)場合

  • Loupedeckソフトウェアのアクションパネルから調整項目を探す
    ヒント!検索を使いましょう
  • アクション名の後ろにある歯車アイコンをクリックし、アクションエディターを開く
  • どの機能が左回転を右回転に設定されているかを確認する

露出は[ALT and Numpad- (subtrackt)] または[Numpad+ (Add)]に変更されました。

  • CaptureOneを開く
  • Editメニューを開く
  • Edit Keyboard Shortcutsを選択する

まず、CaptureOneが正しいショートカットを選択しているか確認しましょう

正しく設定されていない場合:

  • [set:]のドロップダウンメニューをクリックして
  • [Loupedeck_beta]または[Loupedeck]を選択してください(どちらも利用可能です)。

正しくないキーボードセットを使用していた場合は、正しいキーボードセットを試してみてください。これでも問題が解決しない場合は、

  • CaptureOneのキーボードショートカットから調整項目を検索してください(例:露出)
  • CaptureOneで設定されているショートカットが、Loupedeckソフトウェアで設定されているものを同じことを確認してください。
  • もしショートカットが異なっている場合は、Loupedeckソフトウェアのショートカットを、CaptureOneショートカットと同じにしてください。