違うツールタブがアクティブになる

ダイヤルを使うと違うツールタブが開いてしまう時の対処法

 全てのCaptureOneの調整機能は2つの機能を持っています。調整する前と調整中でどのように機能するかを、[露出]を例にしてみてみましょう。

  1. 露出を含む5番目のツールタブが開きます
  2. 露出量が変更されます


CaptureOneへの対応では、全てがショートカットで処理されます。各調整項目は、それぞれスライダー値の増加と減少に対して独自のショートカットを持っています。調整を伴ったツールタブも、ツールタブの順序に沿った特定の場所("5番目のタブ"など)を指定されたショートカットによりアクティブ化されます。例えば、露出調整用のツールタブは、初期設定では5番目に設定されているので、このツールタブへのショートカットは[Crtrl+5]になります。

 

ヒント! CaptureOneにおいては、ALTを押したまま左右に動かすことでパネルの順番が変更されます。

違うツールタブがアクティブになる

Loupedeckソフトウェアのアクションパネルで以下の操作を行ってください。

  • [回転調整]の項目を探す
  • [カスタム]を開く
  • [露出]グループを探す
  • 歯車アイコンをクリックし、[露出]を編集する

方法1:

カスタム調整エディターでは、[Tool Tab 5]のアクションが[Optional Action Before Rotation]コマンドに配置されています。ここは、CaptureOneのセットアップに対応したツールタブアクションに変更される必要があります。例えば、CaptureOneで露出項目が1番目のツールタブに配置されている場合、

  • カスタム調整エディターが開いている時に、"Tool Tab 1"を検索する
  • "Tool Tab 1"アクションを"Tool Tab 5"コマンドのにドラッグする
  • [Save]を押す

これにより、露出調整を使用する時に1つ目のツールタブが開きます。この変更は、1つ目のツールタブに設定している全ての調整項目になされる必要があります。

方法2:

カスタム調整エディターでは、[露出]のアクションが(初期設定では)5番目のツールタブに配置されています。特定のツールタブをCaptureOneの1番目に設定していた場合は、それを5番目に戻す必要があります。これで、露出を使うことで正しいツールタブが開きます。

CaptureOneで、ALTキーを押したまま1つ目のツールタブを5番目に移動してください。

これにより、露出調整を使用する時に正しいツールタブが開きます。