カスタムアクション: [実行]

カスタムアクションの [実行] コマンドについて説明します。

カスタムアクションの [実行] は非常に汎用性の高いツールで、全てのフォルダやファイル、WEBサイトを起動することができます。 

[実行] のカスタムアクションを作成するには、空いているボタンをクリックするか、検索バーの下の [カスタムアクション] タブから作成しましょう。システムパスを貼り付けるか、WEBサイトを貼り付けたり、参照して指定することができます。設定したら [作成] を押して保存しましょう。

作成後に、アクションエディターのアイコンをクリックして、お好きなアイコンを設定できます。

デフォルトのアプリケーションが設定されているアイテムは、指定されたアプリケーションで開かれます。(例:メディアやウェブサイト)


 


 

変数(パラメーター)の処理に [実行] コマンドを利用する方法

 

コマンドとパラメーターを " || " で分けます。

例: " command||parameter1 "

 

例えば、" /usr/bin/curl http://123.1.1.1.2000/left/toggle " というコマンドは、以下のように変更してください。

"  /usr/bin/curl|| http://123.1.1.1.2000/left/toggle "

 

追加のパラメータがある場合は、" || " では分割できません。

" command||parameter1 parameter2 parameter3 "


Windowsユーザーの場合は、 "%" で囲まれた、%PATH% のように環境変数を使用することもできます。

 


 

How to open a folder with "RUN" command:


On Mac:
Add "open||" in front of the path, for example
open||/Users/work


On Windows:
If it doesn't work out of the box, add one more back slash to the end of the path, for example
C:\Users\work\