カスタムアクション: [テキスト]

[テキスト] による文字入力について詳しくご紹介します。

[テキスト]を使用して、最大999文字のテキストを入力することができます 

文字入力時のコマンドについて

文字入力には、自動的に判定して入力してくれるコマンドが7つ設定されています。

日時や時間、バージョンなどの変動するデータをこれらのコマンドで扱うことができます。この機能は、例えば日時を記載する書類を作成する時に非常に便利です。

%CurrentDate% : 現在の日時をMM/DD/YYYYで入力

%CurrentTime% :現在の時刻をHH:MM:SSで入力

%LoupedeckVersion% :現在使用中のLoupedeckソフトウェアのバージョンを入力します(例:4.3.2.7632)。

%OsVersion% :OSのバージョンを入力

%UserName% : OSのユーザーネームを入力

%UserDomainName% : ネットワークドメイン名を入力

%MachineName% : コンピューター名を入力

空白の行はShift+Enterで入力できます

 

コマンド例:以下のコマンドが、

  • %MachineName%、Windows %OsVersion%、Loupedeckのバージョンは %LoupedeckVersion% を使用中。 (東京: %CurrentDate%, %CurrentTime%)"

このように表示されます:

  • LOUPEDECKOFFICE、Windows 10.0.19042.0、Loupedeckのバージョンは 4.3.2.7632 を使用中。 (東京: 08/03/2021, 10:26:22 PM)