ダイヤルとダイヤルページについて

Loupedeck CTとLiveのダイヤル操作(プレス機能付き)

ダイヤルは、【ワークスペース要素】の一つで、それぞれのワークスペースで異なる機能を割り当てることができます。

物理ダイヤルの数は6個ですが、それ以上のダイヤルが必要な場合、追加の【ダイヤルページ】を作成できます。画面全体を上下にスワイプすることで、【ダイヤルページ】間を自由に移動できます。

  • ダイヤルは押すこともできます(プレス機能)。通常は、値をゼロにリセットする機能が割り当てられていますが、独自の機能を割り当てることもできます。
  • 【ダイヤルページ】のアイコンまたは文字のダブルタップも、プレス機能と同じ役割です。
  • ダイヤルで設定する値は、【ダイヤルページ】に表示されます(プレス機能はディスプレイには表示されません)。 

ヒント! 最も使用する頻度が高いダイヤル機能を最初のページに、あまり使用しない機能を2番目や3番目の【ダイヤルページ】に割り当てることをお勧めします。※上下のスワイプで移動します。