ファームウェア 0.2.5 のトラブルシューティング

ファームウェアのアップデートで予期しないプロンプトが出ていますか?大丈夫です

ファームウェア0.2.5 では、Loupedeckコントローラとコンピューターの接続方式を変更致しました。ネットワークデバイスではなく、コンピューターとデバイス間で連続的なコミュニケーションを送信する設計になっています。

このファームウェアのアップデートにより、接続に関する問題を排除し、全てのVPNソフトウェアとLoupedeckコントローラを同時にシヨすることが可能になりました。

ファームウェアをアップデートするには、Loupedeckソフトウェア4.3 以降をご利用してください:

ソフトウェア4.3.2 をダウンロード macOS
ソフトウェア4.3.2 をダウンロード Windows

ファームウェア・アップデートに関するポップアップがすぐに表示されない場合は、コントローラをコンピューターから取り外し、一度Loupedeckソフトウェアを閉じてください。その後、ソフトウェアを再度立ち上げ、コントローラを接続してください。これにより、ファームウェアのアップデートが開始されます。

アップデートが完了したら、LoupedeckコントローラがPC上の別の場所にリストされます。

Windows

  • [デバイスマネージャー]を開く
  • [Ports]メニューを開く
  • LoupedeckコントローラがUSB接続デバイスとして表示されます

Mac

  • [システム環境設定]を開く
  • LoupedeckコントローラがUSB Device Treeメニューに表示されます

アップデートを完了するのに、何度か処理が必要な場合があります。一回目が失敗してしまった場合は、Loupedeckソフトウェアを再起動して再度アップデートしてみてください。

アップデート前のファームウェアに戻す

システム要件を満たさずにLoupedeckソフトウェアをアップデートできず、ファームウェアだけアップデートされている、もしくは古いバージョンのソフトウェアを使用したい場合は、ファームウェアのバージョンを元に戻し、ネットワーク接続プロトコルを維持する必要があります。
Loupedeck CT / Liveの両端の●ボタンを10秒間押し続けることで、この処理が実行されます。

ファームウェア・アップデートに関して問題が起こった場合は、こちらのリンクからサポートまでご連絡ください。