1. Loupedeckユーザーサポート
  2. Loupedeckソフトウェアガイド
  3. アクションとワークスペース、ペ ージの役割

ホームボタンとホームワークスペース

ホームボタンとホームワークスペースの使い方をご説明します

概要:

ホームワークスペースは作業をスタートする場所として設計されています。ワークスペースのうちの1つを[ホームワークスペース]として設定することができ、使用するアプリケーションがアクティブになった際に自動的に読み込まれます。[ホームワークスペース]へは、緑色の●で表示された[ホームボタン]を押すことで移動できます。 

[ホームワークスペース]は、他のワークスペースへ移動するためのメニューページとしても利用できますし、最も使用頻度の高いツールやアクションを格納するワークスペースとして使うこともできます。

Loupedeck Live(左) / Loupedeck CT(右)のホームボタン

 

戻るボタンとしてのホームボタンの役割

Loupedeckコントローラと編集ソフトの設定によっては、[ホームボタン]は[戻る]ボタンとして機能させることもできます。

使用ケース1: ダイナミックツールで2枚目のダイヤルページをアクティブ化している時に、

  • 1度押すと、1枚目のダイヤルページに戻ります
  • もう一度押すと、ダイナミックツールが解除され、その前に使用していたワークスペースまで戻ります


使用ケース2: ワークスペース内で、1枚目ではない他のページが表示されている時に、

  • 1度押すと、1枚目のページに戻ります
  • もう一度押すと、[ホームワークスペース]まで戻ります