切り抜き、スポット修正、赤目補正、マスクツールを変更する方法

Lightroom Classic には4つのメインツールがあり、全ての機能をLoupedeck で操作できます。

  1. 切り抜き
  2. スポット修正
  3. 赤目補正(ペットアイ補正含む)
  4. マスク

各ツールは専用のワークスペースを持っており(ツール用ワークスペース)、編集することができます。

  1. ワークスペースのドロップダウンメニューを開く
  2. "ツール用ワークスペース" までスクロールする
  3. 編集したいワークスペースを選択する

ツール用ワークスペースを選択すると、アクションパネルで利用できるアクションが更新されます。選択されたツールに関連するアクションが表示され、利用できないアクションは非表示になります。

ツールに利用するアクションを選ぶ

次に、アクションパネルから関連するアクションを見つけましょう。検索バーを使うと便利です。ツール用ワークスペースで利用可能なアクションを見たい場合は、対応するアクションフォルダを手動で開いて確認することができます。

切り抜きに関連するアクショングループ:

  • 切り抜き: 切り抜きツールを操作するアクション
    • 注意: 切り抜きのアクショングループは全てのワークスペースでも表示されています( "切り抜きを初期化" アクションだけの場合も含む)
  • 切り抜き縦横比グループ: 切り抜きエリアの変形アクションなど

スポット修正に関連するアクショングループ:

  • スポット修正

赤目修正に関連するアクショングループ:

  • 赤目修正

マスクに関連するアクショングループ:

  • ブラシ: ブラシマスクツールに関連するアクション
  • 局所的な調整(ローカル補正): マスクで選択された部分を調整する機能(マスク部分ではなく全体を調整する機能は "グローバル調整" と呼ばれます)
  • Masking: 全てのマスクアクションとマスクツール(例: ブラシ、グラデーション、空、被写体など)

 

注意!Lightroom Classic が これまでの "ローカル補正ツール" を含んだ新しいマスキング機能の提供を始めたため、各ツール毎のワークスペースはなくなり、全てのマスクツールがマスクワークスペースに格納されています。複数のワークスペースを編集する必要はありません。