キーボードの修飾キーの有効化と使用

Loupedeck CTのキーボード修飾モードの使用方法について説明します。

キーボード修飾モードにすることで、Loupedeck CTの⚫ボタンをキーボードの修飾キーに変更することができます。修飾キーは⚫ボタンの下に記されています。左から[Tab], [Shift] ,[Ctrl] ,[Alt/Opt] , [CMD/Windows key], [Space], [Delete], [Backspace]です。

  • 左下にある [キーボード] ボタンを押して、キーボードの修飾キーを有効にします
  • キーボードの修飾キーが有効な場合、[キーボード] ボタンは赤く光り、⚫ボタンは白く光ります。
  • 赤く光っている[キーボード] ボタンを押すと、修飾キーが解除されます。

キーボードモードの⚫ボタンはFnボタンと同時に使用すると、キーボードの [F1] ~ [F8] キーと同じになります。

ヒント![キーボード] ボタンを押したまま⚫ボタンを押すだけで、修飾キーを使用することができます。この操作によって、キーボードの修飾キーが押されている瞬間だけ有効になるため、自由に修飾キーを使用できるようになります。例えば、[キーボード] ボタンを押しながら素早く⚫ボタンの [8] を押すと[削除]が実行されますが、指を離すと通常モードに戻ります。