Capture One の設定(CT / Live): macOS版

macOS でのCapture One 21(またはそれ以前)の設定に関してご説明します。

Loupedeckソフトウェアをこちらからダウンロードする(別ウィンドウが開きます)

Capture One 21(もしくは最新版)のmacOS での設定

  1. macOS 上でLoupedeck を認証する: こちらをご参照ください(別ウィンドウが開きます)
  2. Capture One を開く
  3. Editメニューを開く
  4. "Edit Keyboard Shortcuts" を選択する
  5. 上部で、"Set" のドロップダウンメニューを開くショートカットセットで、"Loupedeck Default" を選択する

注意!ショートカットセットが見つからない場合は、ご自身のmacOS のユーザープロファイルに対するアクセス権を設定し、フォルダに変更を加えられうようにする必要があります。アクセス権を設定後、Loupedeckソフトウェアを再インストールしてください。詳しくはappleサポートの記事をご覧ください。

Capture One 21(または最新版)のみ: "Loupedeck Default" 以外のショートカットファイルを使用することができます。ただし、全ての必要な機能がカバーされてはおらず、またLoupedeckソフトウェアで正しくないショートカットとしてアラートが出ます。


 

macOS & Capture One 20(以前)

対応しているバージョン: 11, 12, 13 (Capture One 20

古いバージョンでは、API連携ではなくショートカットキーを利用した[カスタムアクション]でCapture Oneを操作します。操作に必要な手順:

  1. Loupedeck_beta.plist をダウンロードする
  2. プロファイルをダウンロードする:
  3. キーボードショートカットのファイルをコピーする
    • /Users/"username"/Library/ApplicationSupport/Capture One/KeyboardShortcuts
  4. Capture One 側での操作:
    1. Editメニュー を開く
    2. Edit Keyboard Shortcuts を選択する
    3. Set のドロップダウンメニューを開く
    4. Loupedeck_beta を選択する
  5. Capture One Extended プロファイルを読み込む
    • Loupedeckソフトウェアを開く
    • プロファイルのドロップダウンメニューを開く
    • メニューの下部分にある "プロファイルの読み込み" をクリックする: "Capture One Extended" プロファイルをLoupedeck にインポートしてください