Loupedeck ソフトウェアの概要

プラグイン、プロファイル、ワークスペース、ページ、アクションの違いをご説明します。

プラグイン

プラグインは、Loupedeck と各アプリケーション間に置かれた小さなプログラムです。各アプリケーションは固有のプラグインを持ち、2つの働きを持っています:

  1. "Loupedeck の言語" と"アプリケーションの言語" を仲介する
  2. Loupedeck のコマンドをLoupedeck コントローラからアプリケーションに送り(紫色の→)、また逆にアプリケーションからのコマンドをLoupedeckコントローラに戻します(水色の→)。

プラグインの種類(アプリケーションプラグインと共通プラグイン)に関する詳細はこちら

:

プラグインを利用する各アプリケーションは、プロファイルによって操作されます。プロファイルには、「どのアクションがどのボタンに割り当てられているか」といった全ての情報が含まれています。

割り当てられたアクションの情報に加えて、プロファイル内で作成されたカスタムアクションや、アイコン、サウンドなども含まれています。

ワークスペースの使用方法

ワークスペースは、各プロファイルに設定される箱のようなものです。複数のワークスペースを利用することは、多くのツールボックスを使いこなすことと言えます。

ワークスペースはダイヤルとタッチボタン、ホイール(CT)の組み合わせであり、ワークスペースを変更するとそれぞれの機能も同時に変更されます。

◉ボタンはワークスペースに含まれず、ワークスペース"外"の機能です。そのため、◉ボタンはワークスペースの変更に利用することができます。

ページ


12個のタッチボタンと6つのダイヤルのみでは、ワークスペースとしては不十分な場合があります(例: Spotify プレイリストを20個設定している)。そういった場合に、ダイヤルページやタッチボタンページを追加することができます。

タッチボタンは左右にスワイプし、ダイヤルページは上下にスワイプしてページ間を移動することができます。

各ワークスペースに複数のタッチボタンページを持っている場合、後ろの2つの◉ボタンに "前のページ" "次のページ" といったコマンドを割り当てると、スワイプせずにページ間を移動できます。

アクションと調整

アクション(=プレスアクション)は、ボタンに割り当てることができ、回転による調整はダイヤルに割り当てることができます。

各アクションや調整によってアプリケーションを操作します。例えば、"再生" アクションは音楽や動画を再生し、"メインボリューム" は音量を調整します。

アクションと調整は、アクションパネルからドラッグ&ドロップして割り当てることができます。アクションパネルは、Loupedeckソフトウェア画面の右側に配置されています。

Some plugins have actions which need user input (e.g., select a playlist which to start). These are called profile actions.

Loupedeck system also has a variety of completely customizable actions and adjustments - these are called Custom actions.

All profile actions and custom actions are stored in a folder below generic actions - the folder can be identified from the name "Stored ..." (e.g., Stored Spotify Premium Actions, Stored OBS actions..).

Each of the plugin has their own specific Stored Actions folder