プラグインでサポートされたプロファイルと、カスタムプロファイルの違い

プラグインによりサポートされた "アプリケーショプロファイル" と、キーボードショートカットを基盤とする "カスタムプロファイル" についてご説明します。

Loupedeckコントローラでアプリケーションを利用するためには、プロファイルが必要です。プロファイルには、ボタン用の[アクション]とダイヤル用の[調整]が設定されており、それにより対象のアプリケーションを操作します。この部分は全てのプロファイルに共通ですが、利用できる操作の種類に違いがあります。(プラグインによる)

プラグインによりサポートされたアプリケーションプロファイルは、特定のプラグイン(例: Photoshop 等)を利用して直接的にアプリケーションを操作することができます。この種類のプロファイルには、プラグイン自体から作成されたプラグインアクションが設定されています。

ショートカットによるカスタムプロファイルは、ネイティブにサポートされてはいないが、ショートカットによる制御に対応しているアプリケーション用のプロファイルです。(注:全てのソフトウェアがショートカットに対応しているわけではないんですね!)
カスタムプロファイルとは?

共通プラグインは全てのプロファイルに割り当てることのできるアドオンプラグインです。共通プラグインを使って、Spotify Premium や配信用アプリケーションなどを間接的にアクセス/制御することができます。





ショートカットによる
カスタムアクション カスタム調整 (茶色の矢印) は、常に前面のアクティブ化されたアプリケーションに送信されます。これは、ショートカットによるカスタムアクションやカスタム調整がキーボードによるインプットとして作用するからです。なお、キーボード入力による信号は全てアクティブ化したアプリケーションに送られます。

この制限があるため、カスタムプロファイルはアプリケーションに対して深い統合(=ネイティブ統合)はできませんが、キーボードに対応しているショートカットと同じ操作が可能になります。(もちろん、キーボードよりも快適な方法で)

ソフトウェアによっては、前面にあるアプリケーションに指示が届く前にショートカットを捉えるように設計されたものもあり、その場合はそのソフトウェアが前面になく、非アクティブな状態であってもキーボードで操作することができます。


プラグインにサポートされた
アプリケーションプロファイルは、アプリケーションに直接作用するアクションを持っており、アクティブ/非アクティブに関わらず、そのアプリケーションが起動してさえいれば操作することができます。

プラグインアクションはユーザーが作成することはできません。プラグインアクションはアプリケーションの作成者から提供されており、Loupedeck はそれらと直接統合しています。この深いレベルでの統合(=ネイティブ統合)により、ショートカットに対応していない複雑なアクションをスムーズに操作することができます。

これらはAPI*機能と呼ばれ、各アプリケーションのSDK により提供されています。*=Application Programming Interfaceの略