リリースノート 5.0.0

64bit builds: (.9692) Windows 10 & (.9693) macOS 10.14以降

このリリースではvMixと新しいLightroom Classicのマスク機能がサポートされました。また、多くの新しい機能を持ったUIとオンボーディングウィザード、そして'簡略化プロファイル' が含まれます。Capture One(macOS)がAppleスクリプトでのAPIによりアップグレードされ、新しい機能とUXを備えています。

注意! Windows11 とmacOS Monterey(12.0)はまだ正式にはサポートされていません。

 

ハードウェアサポート(UI v.5) 

  • Loupedeck CT [CT]  
  • Loupedeck Live [Lv]  

ハードウェアサポート(UI v.2)  

  • Loupedeck+ [LD+]  
  • Loupedeck Original [LD]  

ソフトウェア・サポート(macOS & Windows)  

  • Ableton Live 10 [CT, Lv]  
  • Adobe After Effects [LD+、CT、Lv]  
  • Adobe Audition [LD+, CT, Lv]  
  • Adobe Lightroom Classic [全デバイス]  
  • Adobe Illustrator [CT、Lv]  
  • Adobe Photoshop 2021 [All devices]  
  • Camera Raw (Photoshopのみ) [全種類]  
  • Adobe Premiere Pro [LD+、CT、Lv]  
  • Capture One [全種類]   
  • Skylum Aurora HDR(v.1.2 またはそれ以降)[LD+, LD]  
  • Spotify Premium [CT, Lv]  
  • OBS Studio (v26.0 またはそれ以降) [CT, Lv] 
  • Philips Hue (Bridge) [CT, Lv]   
     

ソフトウェアサポート(macOS のみ):  

  • Final Cut Pro (macOS) [LD+, CT, Lv]  
  • macOS [CT, Lv]  

ソフトウェア・サポート(Windowsのみ)  

  • Streamlabs (v0.20 またはそれ以降) [CT, Lv]  
  • Windows [CT, Lv] 
  • vMix [CT, Lv] 

 

新機能 

システム

  • 新しいプロファイル(Lvのみ): 簡略化プロファイル 
    • WindowsとmacOSのどちらも簡略化プロファイルに対応しています 
    • API連携したアクションが実行されると、ソフトウェアが自動的にアクティブ化 
    • コントローラ本体とソフトウェア上のコンフィグ画面が連動 
    • いくつかのプラグインを、"アプリケーション"リストから、アクションパネル上のアドオンプラグインに移動 (例:Spotify, Twitch, Philips Hue等) 

    新しいUI

    • 設定画面を上部のメニューバーに移動 
    • カスタムアクションの[...]メニューを開いて、他の機能を表示 
    • デバイスの選択画面を更新 
    • プロファイル画面を更新 
    • Windows、macOS、配信用プロファイルなどのシステムとアプリケーションプロファイルを分割 
    • アプリケーションをプロファイルのドロップダウンメニューから非表示にすることができます 
    • アプリケーションが見つからない(インストールされていない)場合に、プロファイルマネージャーが通知 
    • ダイナミックモードのON/OFFスイッチを、プロファイルのメニューに移動 
    • アプリケーション毎に、1つのプロファイルのみ表示 
    • アクションパネルのデザインを更新 
      • パネルとアクション編集画面のサイズを最適化 
      • プレスアクションとダイヤル調整を同じリスト内に表示 
      • プレスアクションとダイヤル調整のフィルタ機能を追加  
      • サポートされたプラグインを別タブで表示 
      • 全ての利用可能なアドオンプラグインを自動的に表示 
      • "プラグインを管理"画面で、プラグインごとの表示/非表示を選択可能 
      • アクション編集画面をアクションパネルに格納 
      • 追加の設定や他の設定が必要な時に、プラグインのステータスを通知 
      • 配置されたアクションをクリックすると、アクションパネルが同じアクションの場所へ移動 
    • カスタムアクションをボタンに直接入力可能 
    • 一般的な通知をポップアップで表示 
    • デバイスのアイコンをアップデード 
    • ホイールページのテンプレートをアップデート 
    • キーの割当に関するヒントを、機能変更が不可なボタンに表示(例: ■ボタン) 
    • Loupedeckにログインしていない場合に通知 
    • ソフトウェア画面の拡大/縮小 (UIメニュー: 表示) 
    • ビデオチュートリアルへのリンクを追加 (UIメニュー: ヘルプ) 

          アクション、カスタムアクション

          • アクションとカスタムアクションで、サウンドセットとアイコンセットが利用可能 
          • "ショートカット"の作成をカスタムアクションへ追加 
          • 複数のアクションを組み合わせる"カスタムアクション"は"マクロ"に変更 
          • プロファイルに基づいたプラグイン調整機能が利用可能 
          • プロファイル間で、カスタムアクション/調整が右クリックで削除/コピー&ペースト可能に 
          • カスタムアクション/調整が、ドラッグ&ドロップでアクショングループ間での移動が可能に 

          アイコンの編集

          • 全てのアクションと調整にアイコンの設定が可能 
          • アイコンの背景色をダークグレーに変更 
          • 透明アイコンも利用可能

            デバイス

            • システムプロファイルがアクティブになった時(CT:FnキーとHomeボタンを押す、Live:ホームボタン長押し)、ホームボタンが白く光ります 

             

            新しいプラグイン(アップグレードを含む)

            • vMixをサポート 
            • Capture One(macOS)をAppleスクリプトAPIを利用して再構築 

             

            アップデート内容(全体) 

            • バイブレーションの反応を"ロング"と"ショート"に変更 
            • カスタムアクションの実行をアップグレード
              • より多くの環境変数が実行パスで利用可能( ~ macOS and % Windows) 
            • オンボーディングウィザード
              • 選択されたアプリケーションの種類に応じて、表示するプロファイルを事前に調整(ストリーミング、写真編集、動画編集等) 
              • ボタンの表示が複数言語に対応 
              • Loupedeck+とLoupedeck Originalのサポートを追加(ウィザードが終わるとクラシックUIに切り替ます) 
              • 匿名データの共通のON/OFFを追加 

             

             

            アップデート内容(プラグイン) 

            Ableton Live 

            • プラグインの状態をUI上に表示 
            • クリップローンチモード、クリップパラメーターモード、デバイスモードなどのダイナミックページをアップデート 

            Adobe Audition 

            • プラグインの状態をUI上に表示 

            After Effects

            • アイコンをアップデート 

            Capture One

            • Loupedeck+ とLoupedeck Original に関連するレーティング/フィルタリングアクションをCTとLiveでは非表示 
            • より多くのアクションにアイコンを追加 
            • macOS: 
              • CT / LIVEの初期設定プロファイルをアップデート(より効率的なワークフローに) 
              • ショートカットファイルをアップデート (Loupedeck Default) 
              • 調整項目をダイヤル部分に表示 
              • タブ番号に代わって、調整機能によるツールタブの切り替え 
              • 調整項目のリセット機能 
              • Capture One側の"Loupedeck Default"のショートカットのアップデートは、20秒程遅れて自動的にプレスアクションとダイヤル調整にアップデートされます。 
              • カスタムアクションとカスタム調整を排除 
              • Windows
                • ショートカットファイルをアップデート(Loupedeck_beta)
                • アップデートのために、過去のショートカットファイルを削除して、Loupedeckソフトウェアを再インストールしてください。 

                Final Cut Pro

                • Version number was removed from default profile title (no changes inside profile) 
                • アイコンをアップデート 

                Lightroom Classic

                • 新しいマスク機能をサポート 
                • 全種類のデバイスで、全ての初期設定プロファイルをアップデート 
                • "マスク & マスクツール" ホイールウィジェットを追加 
                • アイコンの追加とアップデート 

                OBS

                • Webソケットの接続をアップデート 
                • シーンとソース、ミキサーはユーザー定義可能な新しいアクションに変更 
                • Webソケットのサーバー設定が変更されPort番号が変わる際に、自動でOBS Studioに再接続 
                • プロファイルアクションの作成に関する説明を追加 
                • アイコンをアップデート 

                Phillips Hue

                • ランプ、ゾーン、ルーム、コントロールセンターは長押ししてパラメーターを調整 

                Photoshop

                • レイヤープロパティコントロールセンター(Layer Properties)がアクションリストに追加されました(レイヤープロパティページと似ていますが、編集はできません)。 

                Spotify Premium

                • SpotifyクラウドAPIとLoupedeckコントローラのより安定した接続(Spotifyチームに感謝します) 

                Streamlabs OBS

                • SLOBSが接続されていない時に、"Disconnect"アイコンを表示 
                • プロファイル設定時にオーディオソースが使用可能 
                • プロファイルアクションの作成に関する説明を追加 
                • アイコンをアップデート 

                SDK

                • プラグイン・ジェネレータ 

                システム(Win)

                • 初期設定プロファイルをアップデート 

                 

                バグ修正(全体) 

                • プロファイルは常に1つのホームワークスペースを持つように修正 
                • KeyUpがmacOS上のプラグインで正常に動作しなかった現象を修正 
                • コントロールセンターを開くと、アップデートを反映したコントローラが置き換えられ、閉じてしまう現象を修正 
                • ワークスペース間の移動をよりレスポンシブかつ速くなるよう修正 
                • キーボード修飾モードの動作を改善 

                 

                バグ修正(プラグイン) 

                After Effects

                • 透明度の調整をよりレスポンシブに修正(macOSで見られたバグ) 

                Capture One

                • 明るさ調整のリセット機能を修正 
                • Loupedeck+ とLoupedeck Originalで使用するCapture Oneの動作を修正 

                Final Cut Pro

                • 言語設定の英語制限を解除: ショートカットとカラーホイールの調整がmacOSの言語設定に関わらず使用可能に修正 
                • コマンドセットをカスタムした際、Loupedeckの機能に干渉しないように修正 

                Lightroom Classic

                • 無くなった調整機能をツールワークスペースに追加 
                • 無くなったアイコンをツールワークスペースに追加 
                • マウスと併用してクロップした時に、クロップエリアのアスペクト比を保持するように修正 
                • SDK/APIコマンドを利用し1Dx3のメモリーカードから直接写真を取り込むとフリーズしていた現象を修正 
                • クロップのアイコンを修正 

                Phillips Hue

                • 調整機能をよりレスポンシブに改善 

                Premiere Pro

                • 複数のシーケンス内で、クリップ内でのモーションエフェクト、透明度、クロップの調整ができるように修正 

                Spotify Premium

                • メインボリュームが正常に動作し、OSボリュームを調整可能に修正 

                 

                既知の問題 

                概要:

                • MIDIプラグインのUIが新UIから消えてしまっているため、新しいMIDIアクションを作成するには、引き続きクラシックUIを使用してください  
                • ドロップダウンメニューから非表示にしたアプリケーションが再度表示されてしまう 
                • ワークスペースとページが、それぞれ対応するメニューから機能を割り当てることができない 
                • →ワークスペースとページはナビゲーションメニューから割り当ててください。 
                • macOS: 別のバージョンのアプリケーションがインストールされている場合、プレスアクションを使うとアクティブ化していない方のバージョンが作動してしまう 
                • In some cases Loupedeck+ does not wake up after (OS) sleep mode 
                • 利用したいアプリケーションをアクティブになってもLoupedeckコントローラが正しいプロファイルを表示しない場合がある
                • 配信系プラグインがmacOSの通常プロファイルの初期設定画面に表示されない場合がある (新しい初期設定プロファイルを追加するか、"プラグインを管理"からプラグインを表示せてください)

                Ableton Live

                • クリップローンチモードでダイヤルアクションが消えている 
                • Ableton Live 11のサポートはまだβ版となり、support.loupedeck.comからダウンロードできます       

                After Effects

                • キーボードレイアウトが異なるため、非英語バージョンのAfter Effectsでいくつかのショートカットアクションが機能しない 

                Capture One

                • いくつかのフィルタリングアクションが正常に機能しない
                  • 回避策: 使用中のカスタムアクションを新しいショートカットに置き換えてください

                Final Cut Pro

                • アクション名の翻訳が一時的に使用できなくなっている 

                Lightroom Classic

                • いくつかのブラシパラメータがアクションリスクとから消えている 
                • イメージ値をコピーした際にホワイドバランスの値が"as shot"として無視され、予期しない形で画像が変更される 
                • Loupedeck+: カラーグレーディングのリセット機能がUIから無くなっている 
                • ダイヤル調整でクロップツールをアクティブにした時に、挙動がおかしい
                • マスク機能の使用により、Loupedeckの応答時間が長くなる可能性があります。
                • (macOS) プラグインがマスクやマスクツールの情報を取得できないため、一部のコントロールセンターが動作しない。

                Photoshop

                • ダイナミックページが新UI利用時に追加されない 

                Photoshop (Camera Raw)

                • ズームアウトのアクションが、ズームインになる(もしこの現象が見られたら、support@loupedeck.comへご連絡ください) 

                Premiere Pro

                • 14.0以前のバージョンで、実行スクリプトのエラーメッセージが常に表示され、Loupedeckコントローラが使用できない ※これよりも新しいバージョンでは確認されていません 

                Spotify Premium

                • 本体のアイコンが消えてしまう 

                vMix 

                • インプット・スウィッチャー機能はまだβ版で、セッション中にインプットされた時に、リアルタイムでスウィッチャーがインプットデータをアップデートしない場合がある。ソフトウェアを再起動すると解決します