タッチボタンとタッチスクリーンページについて

Loupedeck CTとLiveのタッチボタンの機能を説明します。

タッチボタンはダイヤルと同じく、ワークスペース毎に個々の操作が割り当てられる【ワークスペース要素】です。タッチボタンは自由にカスタマイズでき、コマンド、機能、操作を起動できます。ダイヤルと同様に、複数のページをタッチボタンに設定することができ、画面を左右にスワイプしてページを自由に移動することができます。

 

ヒント! 最も使用する頻度の高い操作を最初のページに、あまり使用しない操作を次のページに配置していきましょう。ページに直接移動するリンクをタッチボタンに割り当てることもできます。

1つのワークスペースだけを使用する場合は、ページへの直接リンクを⚫ボタンに割り当てることで素早くアクセスできます。

ヒント2! 作成した各ページは、Loupedeckアプリケーションで【タッチスクリーンページ】として表示されます。【タッチスクリーンページ】は各アクションと同じ方法でボタンに割り当てることができます。ページへのリンクを設定することで、気に入ったワークスペースのページに直接アクセスしたり、スワイプせずに特定のページへと素早くジャンプできます。