ワークスペースの使用方法

ワークスペースとその使い方についてご説明します。

iPhone やandroid スマートフォンでは、お気に入りのツールやアプリケーションを整理してページを設定することができます。

同じように、ワークスペースもツールを整理する役割を持っており、Loupedeckシステムの基盤となっています。ワークスペースは通常◉ボタン(CT:8つ、Live:7つ)に配置されることが多く、緑色のカラーコードで表示されます。

例 : メディア操作用に2つのダイヤルページ、アプリケーション操作用に2つのタッチスクリーンページを設定し、さらに独立したドキュメント編集用のアクションページを設定したいとします。

この場合、ワークスペース1を【メディア操作 & アプリケーション操作用ワークスペース】、ワークスペース2を【ドキュメント編集用ワークスペース】としてそれぞれ設定するのが良いでしょう。◉ボタンの①にワークスペース1を設定し、◉ボタン②にワークスペース2を設定することで、素早く各ツールにアクセスすることができます。

ワークスペースの設定例:
  1. ワークフローにあわせてワークスペースを設定する
    • 配信用ワークスペース
    • 動画編集用ワークスペース
    • ゲーム用ワークスペース
  2. ツール毎にワークスペースを設定する
    • レーティング用ワークスペース
    • エリア指定と消しゴム用ワークスペース
    • エクスポートと保存用ワークスペース

ワークスペースの中に設定されたアクションや調整は、ボタンとダイヤルで操作できます。

  • タッチボタン→ブラシを選択
  • ダイヤル→ブラシのサイズを調節

アドバイス!ワークスペースのうちの1つを、アプリケーションを起動させるコマンドを集約した【ホームワークスペース】として設定しておくと便利です。